2009/9/11

前立腺肥大の治療  前立腺肥大とは?

前立腺肥大の治療

前立腺肥大の治療には薬物療法や手術が一般的ですが、前立腺マッサージを取り入れている人もいます。 前立腺マッサージとは、肛門に指を入れ、前立腺をマッサージすることで刺激を得るというものです。単に性的な興奮を求めるためのもの、というイメージもありますが、ほかにも前立腺肥大対策、前立腺活性化といった効果もあります。

とくに前立腺肥大がもたらす頻尿、残尿感の治療に高い効果があるといわれており、前立腺肥大の対策に取り入れている人もいるのです。肛門に指を入れるという行為に抵抗を感じる人も多いと思いますが、上に挙げたような前立腺肥大によるものと思われる症状を自覚している人は試してみるのもいいのではないでしょうか。

ただし、この前立腺マッサージで前立腺肥大を根本から治療できるわけではないので、注意が必要です。日常生活に障害をもたらすほどの症状が現れている場合は医師の診察と治療を受け、その過程の中で前立腺マッサージを取り入れるよう心がける必要があります。
0

2009/9/11

前立腺炎の原因と腰痛の関係  前立腺肥大とは?

前立腺炎の原因と腰痛の関係

前立腺が炎症を起こすことで発症する前立腺炎。慢性化すると治療が厄介になる上、排尿時の痛みや腰痛を起こすなど、日常の生活に大きな影響をもたらすことになります。 この前立腺炎の原因、じつはまだはっきりとわかっていないというのが現状です。そもそも前立腺という器官そのものがまだ不明な点が多く、研究半ばといった状況なのです。

現段階で指摘されている前立腺炎の原因としては、おもに細菌による感染が挙げられています。前立腺炎にはおもに「急性前立腺炎」と「慢性前立腺炎」の2種類があり、それぞれ原因が異なるといわれています。急性前立腺炎のおもな原因は大腸菌やブドウ球菌によるものと言われています。

さらに、慢性前立腺炎の中でも細菌の存在を認められないことがあり、これを「非細菌性慢性前立腺炎」と読んでいます。この場合、通常の急性慢性の前立腺炎に比べさらに原因が判然としておらず、アレルギーや未知のウイルス、細菌が指摘されているのみになっています。
0

2009/9/11

皮膚科の脱毛情報  脱毛皮膚科

皮膚科の脱毛情報

皮膚科での脱毛と、エステでの脱毛とそれぞれ特徴がある。エステの場合、いろいろと美容商品、ケア商品をすすめられる場合も。また、皮膚科でも評判の良いところ、悪いところがあるようだ。エステで脱毛するにしろ、皮膚科で脱毛するにしろ、事前によく相談して納得の上で脱毛を受けるのがよい。

皮膚科の医療レーザー脱毛は、両ワキで5分ほどで終了。非常にスピーディーだ。注意する点は、脱毛前、最低2週間は毛抜きで抜かない様にしておくこと。レーザーは毛根と毛根周囲の細胞に反応する。毛抜きで毛根部分 を抜き取ってしまうとレーザーが効かなくなってしまう。

皮膚科の医療レーザー脱毛は、肌に対して優しい脱毛だ。カミソリや毛抜きの処理を続けていくといつのまにかワキが青黒く色素沈着を起こすことがある。レーザー脱毛でそんな悩みからも解放されるだろう。
0

2009/9/11

永久脱毛は本当に永久なのか  脱毛皮膚科

永久脱毛は本当に永久なのか

針脱毛はアメリカにおいて永久脱毛と認められています。しかしレーザーで行なう脱毛は今のところ永久脱毛とは認められていません。針脱毛は医療機関で行なう場合脱毛士という資格を持った人だけが施します。この針脱毛はアメリカにおいて永久脱毛と認められています。それに対してレーザー脱毛はまだ永久脱毛とは認められておらず、長期脱毛という扱いです。

最終照射後6ヶ月経過した時点で発毛していなければ医学的には永久脱毛とみなされますが、実際には現段階では2年以上経つと再び生えてくるようです。レーザーによる脱毛法は1996年に始まったばかりでまだ日も浅いということもあり、今後この期間がどんどん長くなることが期待されています。

どうすれば永久脱毛を行うことができるのでしょうか?現在のところ2つの理論が考えられています。1つは毛母や毛乳頭の組織を破壊されることによって永久脱毛になるというもので、もう1つは皮脂腺開口部の下部の立毛筋(バルジ)を破壊することによって永久脱毛となるというものです。
0

2009/9/11

フェラチオは唾液を惜しまず使うこと!  フェラテクニック

フェラチオは唾液を惜しまず使うこと!

男性がフェラチオ を好むのは、女性の皆さんならご存知のことですが、フェラチオが苦手という女性も多いですよね。好きだけど口が疲れちゃうし、上手く出来ないなんて方も。フェラチオの基本は口、舌、指、手を使って行いますが、唾液がたれない様にお上品にペロペロしてる人いませんか?フェラチオはお上品ではなく、お下品なぐらいに唾液を惜しまずだらだらタラシテ、ぐっちょりねっちょりさせて行いましょう。

チュパチュパなる音も聴覚を刺激し、よりお互いに興奮できる材料となるのです。フェラチオをするとき口内炎など出来ている女性は、お互いに悪影響が生じる恐れもあります。口内炎が出来ているときは、極力フェラチオは避けましょう。また男性のためにもお口の中は清潔にしっかり歯磨きをしてから行うようにしましょう。

また一番気をつけるのは歯の部分。ペニス の先端部分は特に皮膚が過敏で弱いので、歯があたって傷をつけることがないよう注意してくださいね。仰向けにした男性の腰の横から行います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ