らんちゅうの特徴的な頭の形  

らんちゅうは「金魚の王様」と呼ばれ、多くの愛好家に親しまれています。

その姿かたちは独特なものがあり、らんちゅうの良し悪しは模様よりも形によって決まると言われます。人それぞれ好みもありますが、頭から顔の部分にはどのような形があり、どのようなものが良いとされているのか少し説明したいと思います。

らんちゅうの特徴である頭の部分は「かしら(頭)」と呼ばれています。
そこにはコブ(肉塊)が付いていますが、形状によって呼び名が決まっています。

人気があるのは「竜頭(たつがしら)」で、上から見ると目から先が長く角ばっていて、前に突き出ている形です。目の下の「エラブタ」と呼ばれる頬の部分に肉がついてしまうと、野暮ったい顔つきに見えてしまいます。
「兎金頭(ときんがしら)」と呼ばれるものは、頭の上のコブが大きくなっていて、丸いアンパンを乗せたような形です。産まれてから1〜2年経った「二歳魚」にならないとコブは十分に大きくなりません。
最近では数少ない「ビン張頭(びんばりがしら)」は、芸者の頭に似ていることから、そのように呼び名が付いたようです。

鼻のコブは「フンタン」と呼ばれます。下から盛り上がるように付いていて、前だけでなく横にも張り出ているものが良いとされます。
顔はあまり重視されていませんが、愛くるしい目をしていて、エラや目の周りにコブがなく、さらにエラの深いものが良いとされています。
1

 

らんちゅうをご存知ですか?  

らんちゅうをご存知ですか?

聞いたことのないという人もいるかもしれません。
らんちゅうとは金魚の一種です。ひらがなで書かれることが多いですが、漢字にすると「卵虫」や「蘭鋳」・・・これだと虫?鋳物?と勘違いされかねないかも。

ところで、これからの季節、らんちゅうを飼い始めたという人も多いのではないでしょうか?
らんちゅうは「金魚の王様」と呼ばれるんですよ。日本でも愛好家が多く、毎年らんちゅうの品評会が開催されるほどです。

頭に「コブ」と呼ばれる肉塊があるのが特徴的で、コブの形が良いことを「かしら(頭)の出が良い」などと言います。コブの形によって呼び名も決まっていて「兎金頭」「竜頭」「獅子頭」など、様々な呼び名があります。

らんちゅうの体には背びれはありません。
体は小判型をしていて背中を「背なり」と呼び、体が長めのらんちゅうは「長手の魚」、短めで丸みを帯びたらんちゅうは「丸手の魚」と呼ばれます。
らんちゅうの模様はいろいろで、どれもそれぞれに味があり美しいものですが、最近では紅白のものに人気があるようです。

らんちゅうは横から見ても美しいですが、一般的に上から鑑賞します。らんちゅうの良し悪しは尾びれの形が重要視されており、お椀のような形が良いとされています。左右均等で美しい丸みを帯びた形です。
尾の形とともに、泳ぎ方でも良し悪しが決まります。らんちゅうは他の金魚に比べて泳ぎが苦手だとされますが、「良いらんちゅう」は尾がきれいに開き、泳ぎ方も優雅で気品が漂います。

らんちゅうはこうして様々な点から良し悪しが判断されますが、実際は人それぞれ好みがありますよね。自宅でらんちゅうを飼育するとしたら、自分が素直に気に入ったらんちゅうを選んでくださいね。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ